読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

norirog

漫画、映画、アニメなどについて語っていきます!

【感想】サベージ・キラー(2013・米)

サベージ・キラー [DVD]

世の中には、沢山の映画があります。その中には、人生を変えるほどの素晴らしい映画や、何十回も見てしまうほど面白い映画があります。しかし、中には非常につまらない映画も存在します。今日私が見た映画は、そのつまらない中の一つです。数週間もすれば、タイトル・内容ともに確実に忘れてしまうと思うので、何故つまらなく思ったのかということを、書き留めておきます。

 

~ざっとしたあらすじ~

婚約者に合うために車で一人旅をしていた女性ゾーイは、人間を殺そうとしている田舎の不良集団に遭遇する。ゾーイは殺されそうになっている青年を助けようとするが、逆に集団に拉致され、暴行された挙句レイプまでされてしまう。

ゾーイは男たちのすきをついて逃げ出すが失敗し、ナイフで刺されて砂漠に埋められてしまう。一度は死んだゾーイであったが、インディアンの末裔の老人に助け出され、不思議な力で息を吹き返す。自分を暴行した男たちへの復讐を始めるゾーイであったが、その身体には異変が起こっていた。

 

~惜しいと思うこと~

この映画「サベージ・キラー」は、ホラー映画というジャンルの中でも、復讐物と位置付けられる種類の映画です。同様の種類の映画に、「アイ・スピット・オン・ユア・グレイヴ(2010・米)」などが挙げられます。見知らぬ田舎に足を踏み入れた主人公が、現地の住民から謂れのない暴力を受け(前半)、受けた暴力に見合った復讐をする(後半)というのがこの種の映画の流れになります。しかし本作は、主人公が暴力を受けるシーンはあっさりと終わり、自由になった後の復讐パートに多くの時間が割かれています。私がつまらないと思った理由の一つがこれに関係します。

 

f:id:n0risuke:20161030224332j:plain

ベッドで暴行を受けたゾーイ。もうちょっとこの過程を丁寧に描いてほしかった。

 

復讐物の面白さは、非人道的な行いをした人間に対して、現実では到底できないような復讐を疑似体験することにあると思います。つまり、鑑賞側にも「こんな残虐なことをしたやつになら、これくらいの復讐をしなきゃね」という感情を抱かせる必要があります。そこで重要になるのが、復讐に至る過程です。本作の悪者達も、インディアンの末裔を殺したり、ゾーイを拉致監禁するなど、相当悪いことをやっているわけですが、具体的にどのようなことをやったかというところがあまり描かれず、すぐに復讐パートへ移行してしまいます。「こいつらに復讐したい!」という感情を鑑賞側が十分に抱く前に、ゾーイの復讐劇が始まってしまうのです。確かに悪事を働いている奴らですが、ここまで復讐して良いものか。。。と、途中で思ってしまいました。

 

f:id:n0risuke:20161030224633j:plain

ジョジョの奇妙な冒険ブチャラティのように動く死体と化すジョーイ。どんどんグロテスクな見た目になっていくので、善玉に見えない。。。

 

主人公に与えられたダメージが大きければ大きいほど、復讐パートでは多くのカタルシスがもたらされます。むしろ、この手の映画では、復讐に至る経緯を細かく描き、復讐パート自体の時間は少なめでも良いのではと思いました。

 

~関連商品~ 

アイ・スピット・オン・ユア・グレイヴ [DVD]

アイ・スピット・オン・ユア・グレイヴ [DVD]

 

 同じような復讐映画。復讐の仕方が凝っていて、非常に面白い。